無料査定・お問い合わせ

比較的、新しい製品のみ買取可能。
古いプロジェクターは買取不可となります。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームからのお問合せは365日24時間受付

プロジェクターの使用上の注意事項

床置きより天吊り

床置きより天吊り

最近では、プロジェクターを個人で利用される方も増えてきています。その中でやはり、用途に合った使用方法をすることで、よりプロジェクターの性能を活用することができます。

まず考えたいのが、床置きするのか、天吊りをするのかです。一般的に床(テーブル)置きは、その都度、持ち運びをするのであればいいのですが、投影する場所までの、障害物の除去が必要になり邪魔になりやすいです。

また適切なサイズで投影する為には、置く場所や設定をその都度する必要があります。天吊りの場合は、ビデオコード邪魔にならない。

いったん設置すると同じ位置に映せる為に、毎回の設定が省ける。プロジェクターからのファンの音や排出される熱風の心配がありません

また、設置に専門の取り付け業者が必要な場合もあり、ハードルの高そうなイメージもありますが、一度天吊りにしてしまうと、故障やメンテナンスの機会でもない限り、面倒なのは最初だけと考えられます。

台形補正は使わない

台形補正は使わない

プロジェクターの台形補正機能は、プロジェクターを置く場所によっては、正面から投影できない場合に、投影映像が台形になってしまう物を、補正できる便利な機能ですが、基本的に台形補正を使うと、線がギザギザと投影されたり、シャープな映像でなくなったり、画素数が少なくなり画質が悪くなってしまいます。

せっかく使用する用途によって選んだプロジェクターの性能を生かし切れない状態になってしまいますので、極力使わない事をおすすめします。なぜ画像が乱れるのかですが、台形補正機能には主に二つの方法があり、一つはデジタル方式による台形補正と、もう一つはレンズによる補正があります。

デジタルによるものは、画像を変換することによる、画質の劣化を引き起こしやすく。レンズによる補正には、映像のゆがみや、投影画面の隅が暗くなり、画質の低下になります。

この様な問題がある為、プロジェクターの台形補正機能極力使わない事をお勧めします。

投影距離は長くすべき

プロジェクター選びには投影距離も重要な要素です。一般的にプロジェクターにはズーム機能があり、投影距離も柔軟に対応できますが、画質を重視するのなら、投影距離は長くするべきです。なぜなら、投影距離を長くする事により、挟角での投影が可能になります。

挟角で投影することによって、映像がレンズの中心付近を透過する率が上がるので、映像の歪みや四隅が暗くなるケラレという現象を比較的に抑えることが出来、画面の均一性が向上します。反対に広角で、映像を投影すると、レンズの中心付近を透過する率が、下がってしまい、画面の歪みを引き起こしてしまう可能性が上がります。

この為、一番オススメさせて頂くのは、ズームを最も挟角にした上で、希望の投影サイズが表示されるまでプロジェクターを遠くする事です。

プロジェクター選びの際には、製品毎に、投射距離と画面サイズが異なるので、実際に投影する場所での適切な距離を知っておく事が必要になります。

設置のポイント

設置のポイント

設置のポイントは3点あり、プロジェクターを選ぶ際にも重要となってきます。1点目は、床置きにするのか天吊りにするのかです。

こちらは、特に移動の必要がなく場所を固定しての利用を考えているのであれば、毎回の設置時の画面の設定の手間が省け、プロジェクターのファンの音や、排気熱の気にならない、天吊りがオススメです。2点目は、どうしてもこの場所じゃないと設置できない等の理由がなければ、表示する画像の画質の面でも、台形補正は使わない様な正面で投影出来る様な設置場所がオススメです。

3点目は、レンズを最も挟角にした場合に、表示したい投影サイズで表示できる様な投影距離長い位置設置する事で、映像の隅が、暗くなるケラレなどを回避し、レンズの中心を多く透過できるので、投影距離を長い位置に設置する事をオススメします。

以上の3点を考慮に入れてプロジェクター選びをすることで、よりぴったりなプロジェクターの設置が可能になります。

プロジェクターのオフィス利用方法

プロジェクターのオフィス利用方法で気を付けて頂きたい事があります。オフィスでの利用の場合は、プレゼンテーションの際に、ノートPCとプロジェクターを接続して投影する場合がほとんどだと思いますが、接続方法はどうするのかを事前確認しておく事が必要です。

具体的にはプロジェクターの映像入力端子とノートPCが合う方法を選びます。最近だと入力端子を切り替えられるものもありますので、入力端子の種類は豊富ですが、事前に準備と確認をしておく事で、プレゼンテーションが滞りなくできます。

また、プロジェクター専用のアプリケーションを、ノートPCにダウンロードする必要がある場合は、先にノートPCにダウンロードしておく事が、滞りなくプロジェクターを使う場合に必要となります。

更に複数人で接続PCを変える場合も、事前に使用するノートPCにアプリケーションをダウンロードしておくことが必要です。