無料査定・お問い合わせ

比較的、新しい製品のみ買取可能。
古いプロジェクターは買取不可となります。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームからのお問合せは365日24時間受付

レンズにカビが発生していてジャンク品の場合、買取可能?

レンズにカビが発生していてジャンク品の場合、買取可能?

レンズにカビ

弊社ではプロジェクターの買取も行っているのですが、プロジェクターの買取で最も重要な点はレンズだと言っても過言ではありません。そのため、レンズに傷が付いている場合には、最悪買取が不可能になることもあるのです。汚れであればきちんと落とすことで、値段が下がってしまうことはあっても、買取不可能になるケースは少ないと言えるでしょう。では、レンズにカビが生えている場合にはどうなのでしょうか。

カビというのは表面だけではなく、有機物の内部に菌糸と呼ばれている根っこを張り巡らす生物です。そのため、表面をきれいにしても、また時間が経つと生えてくる確率が高くなっています。他の業者ではまず買取してくれることはありませんが、弊社であれば確実に買取できなくなるというわけではありません。先ほども少し触れたように、プロジェクターにとってレンズといいのは命だと言えるでしょう。よってレンズの状態が悪いと、買取できなくなるケースが多いのです。

しかし、プロジェクターにはいろいろな種類があり、本体のパーツを必要とする人もいるのです。そのため、製品によってはレンズにカビが生えている状態であっても、ジャンク品として買取できるケースがあると言えるでしょう。もちろん買取価格がかなり下がってしまうのはいうまでもありません。もしくはレンズが比較的安価な場合には、レンズを交換して中古品として売り出すことができる種類もあるので、このようなプロジェクターも買取可能になるケースがあります。

もちろん本体部分がきちんときれいな状態であることが条件となる場合が多いのですが、もしレンズにカビが生えている状態だから買取不可能だろうと言って処分してしまうのではなく、弊社に買取依頼をする場合には、まず相談をしてみてください、相談する際には、できる限りプロジェクターの詳しい情報を知らせていただくことで、的確な判断ができるようになるのです。レンズが比較的安価な場合には、自分で交換してから買取依頼をする人もいるでしょう。

しかし、いくらレンズが安価だとは言っても、買取するのにお金を使ってしまっては、逆にお金がかかってしまう場合が多くなります。このような場合でも、レンズを交換して新品にしたら、どれぐらい買取価格が変わってくるのか質問してから判断しましょう。通常はそのまま買取依頼をしてくる人が多くなっています。弊社ではレンズにカビが生えている場合などでも買取可能な可能性があるので、まずは問い合わせをしてみることが大切です。