無料査定・お問い合わせ

比較的、新しい製品のみ買取可能。
古いプロジェクターは買取不可となります。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームからのお問合せは365日24時間受付

手術や工場ロボット、計測器具用の特殊なプロジェクタ部分も買取可能?

手術や工場ロボット、計測器具用の特殊なプロジェクタ部分も買取可能?

プロジェクター

 プロジェクタの進化はめざましく、高性能で低価格な商品が次々と発売されております。元々大画面テレビがまだ高くて買えなかった時代に、テレビの代用品で大画面のソフトを鑑賞する目的の購入者向けに販売されていました。しかし大画面テレビの価格が右肩下がりになった事に伴い、プロジェクタ自体も2万円台から購入できるようになりました。某価格調査サイトを見てみると、最も売れている価格帯は5万円台でした。高い方を見てみると100万200万オーバーの物もあるので、ずいぶん値段の幅が大きいですね。
 何故ここまでの価格差が出るのかと言えば、解像度と明るさ等が関係しています。やはり4K対応だと価格は高くなり、明るさは10000ルーメンを超える機種はハイエンドモデルに位置しています。比較的高価格帯の商品ははビジネスユーズで、個人での使用でも4Kや3D対応の上位機種が人気のようです。
 それではプロジェクタは3種類に分類されるので簡単ですがご説明致します。
①液晶パネルタイプ
液晶パネルを利用しています。3つの液晶に、三原色の赤緑青の3色を当て、透過した映像を投影します。多くの機種に搭載されているけれど、画質や解像度を高く無いです。その分価格は低めです。
②DLP(デジタル・ライト・プロセッシング)タイプ
マイクロミラー反射型パネル(DMD)に光を当てて、反射した映像を投写するタイプです。コントラストがハッキリ出しやすいのが特徴です。小型化も可能でスマホレベルのサイズもあり、ビジネスマンがモバイル用途で使用するのに好評です。DMDを1枚使う単板方式と3枚使う3板方式があります。前者は可搬型のデータプロジェクター、後者は映画館などの大型プロジェクターに用いられます。
③LCOS(リキッド・クリスタル・オン・シリコン)タイプ
反射型の液晶パネルです。DLPと同じ反射タイプですが、ミラーではなく液晶を使っています。輝度、画質共に高いのが特徴です。しかし本体が大きくなり、価格も高目に設定されています。100万200万オーバーの機種はこの方式がほとんどです。

 プロジェクタと一口に言っても様々なタイプの種類があります。医療現場専用の物や、巨大な建造物にまで投影できる物まで実に多種多様です。弊社ではプロジェクタの買い取りを致しておりますので、買い替えで不要になった場合や使わなくなった物など御座いましたら是非ご連絡頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。