無料査定・お問い合わせ

比較的、新しい製品のみ買取可能。
古いプロジェクターは買取不可となります。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームからのお問合せは365日24時間受付

ジャンク品について

ジャンク品について

ジャンク品について

当店の壊れたプロジェクターへの対応

ジャンク品とは、そのままではとても再利用できないような故障したり損壊しているため製品としては無価値となっているものから、無事なパーツなどの構成部品だけを取り出して再利用する物を意味します。
ジャンク品は基本的に廃棄品であり、それをあえて再利用しているだけなので、むしろ多くの光学機器のショップでは買取を行っていません。
 ジャンク品 プロジェクター 
これが買取対象となりうるのは、あくまでもそのパーツを利用して何かを作成するなどの何らかの理由を持った購入者が多数存在しているものに限られます。
つまりは廃盤の製品や、元値が高いプロジェクターに限ります。
プロジェクターの少額機器の場合には、そのようなパーツを購入する希望者はそれほど多くありません。
商品としてのニーズの少なさに加えて、利益額も元の価格が低いためにほとんどありません。
さらにこのような少額機器は半ば消耗品であり、不要になったり壊れたりした製品が大量に存在しています。
したがってプロジェクターの少額機器のジャンク品は、我々買取業者にとってデメリットばかりが大きい製品なのです。
これがプロジェクターの少額機器を買取しない理由です。
稀に製品により処分としての回収も可能ですので、当店査定担当者にお気軽にお問い合わせ下さいませ。
パーツ ジャンク品 プロジェクター

ジャンク品の買取・処分なら当店へ!

ジャンク品の場合、買取は不可能と思われるかもしれませんが、商品によっては検討してもらえることがあります。
例えば、プロジェクターの高額機器は、修理して元通り使えるようになれば需要が非常に高い商品ですし、部品自体も転売するなどの利用価値がありますので、買取を検討してもらえます。
故障した機器類は、料金を払って回収してもらうしかないと思われるかも知れませんが、商品によってはこのように、需要があるケースもあります。
プロジェクターは高画質のテレビが一般的に普及されている現在、さらにハイクオリティーな映像や音質を望む人は多くいます。
しかし、新品で一式そろえると非常に高額になりますので、ジャンク品でもリサイクル品でも、きちんと使えるようになったものや修理部品として使えるものは、ずいぶん人気があるのです。場合によっては高額買取になることもありますので、付属品や箱などと一緒に査定に出してみてはいかがでしょうか。
付属品 ジャンク品 プロジェクター